BLUEWISH英会話教室~志村坂上校・赤羽校~

柔道の世界選手権が20日、アゼルバイジャンのバクーで開幕されました。

 

男子60キロ級の高藤直寿選手が2連覇を達成しました。

 

高藤選手は準々決勝までの4試合を一本勝ちで勝ち上がると、

 

準決勝で永山選手に延長で技ありを奪って優勢勝ち。

 

決勝はロベルト・ムシビドバゼ選手に勝ち、優勝を決めました。

 

高藤選手は今大会の意味を「永山との大勝負」と決めていたそうです。

 

永山選手は2020年東京五輪代表を争う3歳下の好敵手。

 

その手ごわい相手を、準決勝で延長の末、小内刈りで技ありを奪って下しました。

 

連覇の掛かる大一番、見事期待に応えましたね。